コウイカ/甲烏賊:栄養価と効用

コウイカ/甲烏賊(スミイカ/墨烏賊)

 コウイカ/スミイカ/ハリイカに含まれる主な有効成分とその働きや、カロリーをはじめ、ビタミン類などの栄養成分量を七訂日本食品標準成分表をもとに紹介します。また、以下に含まれる各種アミノ酸量も紹介しています。

●含まれる主な有効成分とその働き

●イカはヘルシー

 コウイカ(スミイカ)に関わらず、イカは、低脂肪、低カロリーそして高タンパクな食品です。

●タウリンが豊富

 イカにはタウリンが沢山含まれており、胆汁の分泌を促進し血中のコレステロール値を下げると言われています。また、インスリンの分泌も促し糖尿病の予防にも一役買っているようです。更にタウリンには肝臓の働きを助け、 肝機能を高める働きがもあると言われています。酒のあてにイカはぴったりという訳です。

●豊富なアミノ酸

 イカにはグリシン、アラニン、プロリンなどの甘味として感じるアミノ酸を多く含んでいます。また、コメなどに少ない必須アミノ酸の一つであるリジンを多く含んでいるので、「いかめし」などご飯と共に食べるとバランスが良い食事となります。

■七訂日本食品標準成分表

●コウイカ 生 可食部100gあたりの成分(内臓は含まない)

 下の表は七訂日本食品標準成分表に記載されている生のコウイカに含まれる成分の量です。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
66
kcal
83.4
g
14.9
g
0.3
g
0.1
g
1.3
g
-g -g 210
(0)
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
5
μg
(0)
μg
2.2
mg
0.03
mg
0.05
mg
1.3
mg
0.06
mg
1.4
μg
3
μg
0.52
mg
1
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
280
mg
220
mg
17
mg
48
mg
170
mg
0.1
mg
七訂日本食品標準成分表より

●生のイカ100gあたりに含まれるアミノ酸

 下の表は七訂日本食品標準成分表に掲載されているイカに含まれているアミノ酸の一覧です。(検査対象はスミイカ及びヤリイカとなっています)

アミノ酸(mg/100g中)
イソロイシン 580 チロシン 400 アラニン 760
ロイシン 1000 スレオニン 580 アスパラギン酸 1300
リジン 1000 トリプトファン 120 グルタミン酸 2000
メチオニン 370 バリン 550 グリシン 630
シスチン 150 ヒスチジン 290 プロリン 1100
フェニルアラニン 490 アルギニン 950 セリン 540

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP