えごまの葉/エゴマの葉/荏胡麻の葉:栄養価と効用

えごまの葉/エゴマの葉/荏胡麻の葉

それぞれの栄養素については、「旬の食材と栄養素」で詳しく説明しているので、そちらと合わせてご覧ください。

●エゴマの葉に含まれる主な有効成分とその働き

◆香り成分

エゴマの葉などにはペリラケトン(Perilla ketone)やエゴマケトンなどの香り成分が含まれ、沢山食べ過ぎると反芻動物に対しては毒性が出るとされていますが、人に対しては問題ないようです。

この香り成分は肉や魚の臭みを消す働きや、大葉と同じように防腐作用があり、食中毒の予防に有効があると言われています。

◆βカロテンやビタミンCが豊富

エゴマの葉にはβカロテンやビタミンCの他、ビタミンEも豊富で、これらは抗酸化作用が強く若返りビタミンとも呼ばれています。免疫力を高めるほか、体内の活性酸素を押さえ、老化の防止にも効果があります。

●五訂日本食品標準成分表でみる栄養成分量

◆しその葉 可食部100gあたりの成分

 エゴマの葉としては記載がないので、同じシソ科のシソの葉に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
37
kcal
86.7
g
3.9
g
0.1
g
7.5
g
1.7
g
-g -g 0 7.3
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
11000
μg
3.9
mg
690
μg
0.13
mg
0.34
mg
1.0
mg
0.19
mg
110
μg
1.0
mg
26
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
1mg 500mg 230mg 70mg 70mg 1.7mg

五訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。