ムカゴ(むかご・零余子)の栄養価と効能

●ムカゴ(むかご・零余子)の主な栄養素と働き

ムカゴにも地下の芋と同様栄養価が非常に高い食材です。

◆消化酵素のアミラーゼ

ムカゴにはアミラーゼなどの酵素がたくさん含まれていて、米などでんぷんを含む食材の消化を助ける働きがあります。

◆アルギニンなどによる強精効果

山芋は昔から強精作用があるとされ、山のうなぎとも言われてきました。ムカゴにも同じようにこの生殖能力を強める効果があるとされるアルギニンが沢山含まれています。

◆粘り成分の働き

山芋やムカゴの粘り成分は多糖類のガラクタンやマンナンなどが、短いタンパク質と結合したもので、新陳代謝や細胞の増殖機能を促進する作用があり、老化防止や肌の若さを保つことにつながります。常食する事で基礎体力が増すともいわれています。血糖値上昇を抑制したり、コレステロール値を下げる効果もあり、高血圧の改善にも役立つとされています

●可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
93
kcal
75.1
g
2.9
g
0.2
g
20.6
g
1.2
g
-g -g 0 4.2
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
24
μg
0.4
mg
0
μg
0.11
mg
0.02
mg
0.3
mg
0.07
mg
20
μg
0.60
mg
9
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
3mg 570mg 5mg 19mg 64mg 0.6mg

七訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。