行者ニンニク(行者にんにく/ギョウジャニンニク)の栄養成分と効用

行者ニンニク(行者にんにく/ギョウジャニンニク)

●行者ニンニクに含まれる主な有効成分とその働き

◆ニンニクよりも多いアリシン

 ギョウジャニンニクにはニンニクよりも多いアリシンが含まれています。このアリシンにはビタミンB1の吸収を助け、疲労回復や滋養強壮に効果があるそうです。また、スコルジニンという成分も含まれており、これも疲労回復、新陳代謝促進作用があると言われています。だからニンニクは元気の源と言われる訳ですね

●免疫力を高め、がんの予防にも効果

 また、アリシンには、免疫力を高め、がんの予防にも効果があると言われています。更に、血行促進により、冷え性や動脈効果、血栓の予防にも効果的とされています。

●非常に強い殺菌効果

 また、アリシンには強い殺菌作用があり、恐ろしい結核菌、ブドウ球菌、赤痢菌、チフス菌などを含め、広範囲の菌に対して、抗生物質として働くことが確かめられましたそうです。

 含んでおり、抗菌作用やビタミンB1活性を持続させる効果があり、血小板凝集阻害活性のあるチオエーテル類も含むため、血圧の安定、視力の衰えを抑制する効果がある。成分を利用した健康食品も販売されている。ニンニクの成分に近いためか、食べたときの風味もニンニクに近く独特の臭いを持ち、極めて強い口臭を生じることがある。

●βカロテンを多く含みます。

 ギョウジャニンニクの葉の部分にはβ-カロテンが多く含まれ、これには抗発ガン作用や免疫賦活作用で知られていますが、その他にも体内でビタミンAに変換され、髪の健康維持や、視力維持、粘膜や皮膚の健康維持、そして、喉や肺など呼吸器系統を守る働きがあるといわれています。

◆骨を丈夫にするビタミンK

 ギョウジャニンニクに含まれるビタミンKの量は生鮮食品でもトップクラスです。これにはカルシウムを骨に定着させる働きなどがあり、骨を丈夫にするのに役立ちます。

行者にんにく/行者ニンニク/ギョウジャニンニク

●七訂日本食品標準成分表でみる栄養成分量

◆行者ニンニクの可食部100gあたりの成分

 下の表に含まれる成分の量を載せています。それぞれの栄養成分の働きはその成分をクリックすれば各栄養素のページに移ります。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
34
kcal
88.8
g
3.5
g
0.2
g
6.6
g
0.9
g
(0.02g) (0.06g) 0 3.3
g
ビタミン
カロテン E K B1 B2 ナイアシン B6 葉酸 パントテン酸 C
2000
μg
0.5
mg
320
μg
0.10
mg
0.16
mg
0.8
mg
0.15
mg
85
μg
0.39
mg
59
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
2mg 340mg 29mg 22mg 30mg 1.4mg

七訂日本食品標準成分表より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。