シャコ/しゃこ:栄養価と効用

シャコ/しゃこ

 シャコ/しゃこ/蝦蛄に含まれる主な有効成分とその効用や、カロリーをはじめビタミン類などの栄養成分量や、アミノ酸の量を七訂日本食品標準成分表をもとに紹介します

●シャコに含まれる主な有効成分とその働き

シャコ/しゃこ

◆低カロリー高たんぱく

 シャコは食べたときの食感がエビに似ているように、脂肪分が少なく低カロリー高たんぱくな食材です。

◆ビタミンEとビタミン12が豊富

 ビタミン類の中ではビタミンEとビタミン12が多く含まれています。ビタミンEには強い抗酸化作用があり、活性酸素を抑え体内の不飽和脂肪酸の酸化を防ぐ働きがあるので、動脈硬化や心筋梗塞などの生活習慣病の予防に役立っていると考えられています。

 また、ビタミン12はDNAの合成や調整に深く関わっており、正常な細胞の増殖を助ける働きがあるほか、神経を正常に機能させる働きもあるとされています。

◆旨味となるグルタミン酸が豊富

 シャコには100g中2500mgのグルタミン酸が含まれています。また、ほかにも疲労回復に役立つとされるアスパラギン酸1800mg、血管などの機能を正常に保つために必要なアルギニン1500mgも含まれており、必須アミノ酸のリジンは1500mg、ロイシン1400mg含まれています。

●七訂日本食品標準成分表でみるシャコの栄養成分量

◆ゆでたシャコ 可食部100gあたりの栄養成分

 下の表は七訂日本食品標準成分表に掲載されている、ゆでたシャコのむき身100gに含まれる栄養成分量です。

状態 エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
ゆでたもの 98
kcal
77.2
g
19.2
g
1.7
g
0.2
g
1.7
g
0.25
g
0.55
g
150
mg
(0)
g
ビタミン
状態 レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
ゆでたもの 180
μg
(0)
μg
2.8
mg
0.26
mg
0.13
mg
1.2
mg
0.06
mg
12.9
μg
15
μg
0.30
mg
0
mg
無機質
状態 ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
ゆでたもの 310
mg
230
mg
88
mg
40
mg
250
mg
0.8
mg

七訂日本食品標準成分表より

●茹でたシャコ  100gあたりに含まれるアミノ酸

 下の表は日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010に掲載されているゆでたシャコの尾の部分(telson and uropods)を除いた可食部100gに含まれているアミノ酸の一覧です。

アミノ酸(mg/100g中)
イソロイシン 860 チロシン 650 アラニン 860
ロイシン 1400 スレオニン 740 アスパラギン酸 1800
リジン 1500 トリプトファン 220 グルタミン酸 2500
メチオニン 460 バリン 920 グリシン 1100
シスチン 220 ヒスチジン 470 プロリン 770
フェニルアラニン 720 アルギニン 1500 セリン 680
日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010より

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP