黒獅子(くろしし)とうがらし:特徴や産地と旬

黒獅子(くろしし)とうがらし

●黒獅子とは

◆辛味がなく味が濃いとうがらし

黒獅子(くろしし)とうがらし

黒獅子の来歴は調べた限りでは不明でした。一見辛い青唐辛子のように見えますが、辛味自体は一般的な獅子等と同じくらいです。しかし、見ての通り色が濃く、その分味が濃く感じられます。

◆黒獅子の特徴

黒獅子(くろしし)とうがらし

大きさは14~17cmで、青唐辛子のように先が尖っていて、頭の部分は小さめで万願寺のようなくびれもなく、すらっとしています。

表皮の色は黒っぽい緑色で、完熟すると一般的な唐辛子同様赤く色づくようです。中の種は頭近くに多いですが、先の方までまばらについています。

●黒獅子の美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

辛味はししとうと変わらないくらいで、果肉の厚さはピーマンよりも薄く、生のままかじることもできます。

牛肉と色々なとうがらしのトマト煮

ししとうや伏見甘長唐辛子などと同じ料理に使うことができます。

◆適した料理

炒め物や煮物、焼き物、揚げ物などいろいろな料理に使えます。牛肉と他の甘唐辛子とともにトマト煮にしたらとても美味しかったです。

黒獅子(くろしし)とうがらし

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。



 

ハーブ百科

キノコ百科

海藻類百科