アケビ(木通/あけび)の選び方と保存方法、食べ方

アケビ・木通・あけび

■美味しいアケビ(木通/あけび)の選び方と保存方法

●選ぶポイント

アケビ・木通・あけび

表面が綺麗な紫色をしていて、傷や変色している部分が無い物を選びます。持った時皮にに弾力があるものが美味しいです。ぱっくりと割れている物は熟した食べ頃サインですが、口をあけた割れ間を見て、割れたのが新しいかどうか、中のゼリー状の果肉が乾いていないかを確かめます。

●保存方法

果皮が割れて食べ頃になっている物は日持ちしません。すぐに食べてください。まだ割れていないものは乾燥しないようにラップで包むかビニールやポリの袋に入れ冷蔵庫に入れておきます。

■あけびの食べ方

アケビ・木通・あけび

あけびの実は、三様に楽しめます。まず、その中の種を包んでいる白い部分。その部分はほのかに甘く、デザートとして。また、皮の部分は料理に使うことが出来ます。そのほか、若い芽は山菜として料理に使えます。

 

中の果肉

アケビ・木通・あけび

果肉は種を包むように白いゼリー状になっていて、香りはあまりありませんが、ほんのりと甘みがあります。種が多く食べにくい事と、調理にも手間がかかるという難点はありますが、季節感を感じさせてくれる事は間違いありません。

そのまま生で使ったり、果実酒を作る事も出来ます。また、種を取り除いてアイスクリームやシャーベット、ムースなどに仕上げます。

あけびの肉詰め

皮の部分

やや苦味があり、食欲をそそります。東北地方、特に山形県では古くから郷土料理として親しまれてきました。
あく抜きをするため、油を使った料理が適しています。炒め物、揚げ物、焼き物などに利用できます。そのほか、塩でもんだりゆでてあく抜きをして、蒸し物や煮物にも利用できます。地方料理では、中に山菜やごぼうなどを詰めて料理されることも多いようです。

皮を天ぷらにする場合は、薄く削ぎ切りにし、水にさらしてアクを抜いてからしっかりと水気をふき取り、衣を付けて揚げます。

あけびの皮を削ぎ切りした状態アケビの皮の天ぷら

春の若い芽

季節を感じさせる山菜のひとつ。 天ぷらや和え物など。

●あけびを使ったレシピ いろいろ

主な料理レシピサイトのあけびを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。