ナミガイ/波貝/シロミル/白みる:目利きと料理

ナミガイ/波貝/シロミル/白みる

 ナミガイ/波貝/シロミル/白みるを選ぶ際のポイント、目利きや見分け方、さばき方をはじめ、美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●ナミガイ/シロミルの目利きのポイント

◆活きの良い物

ナミガイ/波貝/シロミル/白みる

 基本的に生きていることが前提。水管に触れた時に反応するものを選ぶ。特に水管がだらしなく伸びているものは要注意。生きているか必ず確認しよう。

◆全体に厚みがあるもの

ナミガイ/波貝/シロミル/白みる

 殻が大きく、貝に上下の厚みがある物が可食部が多い。水管の長さはあまり関係ない。短く縮んでいても伸ばせば同じくらいになる。長さよりも太いものを選ぼう。

◆重く感じる物

 手に持った時に重く感じる物を選ぶ。ただし、水をたっぷり吸いこんでいることもあるので、量り売りの場合は持ち上げて軽く水管をつまみ、水を吐かせてから計量してもらおう。

●ナミガイ/シロミルの美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

下拵えしたナミガイ/波貝/シロミル/白みる

 ナミガイは水管とヒモが主な可食部となる。内臓は無毒だが食味が良いとは言えず通常は食べない。

 水管はミルクイに比べると大きく、ヒモも一般的な二枚貝の物とは違い独特の形をしている。足は無く、貝柱もほぼ無いに等しい。

 通常は水管の部分をさっと熱湯をくぐらせ、表面の固い皮を剥いてから色々な料理に使う。

ナミガイのさばき方や茹で方はこちら →

◆ナミガイの握り

ナミガイの握り/波貝/シロミル/白みる

 一般にミルガイとして書かれている店も多いが、本ミル(ミルクイ)ではなく本種であることが多い。

 本ミルよりも食感は柔らかく食味は敵わないが、それでもシコシコした歯ざわりと貝の甘味が楽しめ十分に美味しい。

◆ナミガイの刺身

ナミガイの刺身/波貝/シロミル/白みる

 刺身も旨い。写真はサッとゆでて皮を剥いたもの。今回は水管を平行に短冊にスライスしたが、直角にスライスしても良い。

 貝の旨みがあり、シコシコした歯触りが心地いい。

◆ミルガイのスパゲッティ

ミルガイのスパゲッティ

 贅沢にもミルクイと共にスパゲッティに使ってみた。

 ニンニクと鷹の爪を効かせたオリーブ油で細切りにしたミルクイとナミガイを野菜と共にさっと炒め、白ワインを加え、スパゲッティを絡めたもの。シンプルだがこれが実にうまい。ミルクイとナミガイの食感も抜群。やはりナミガイの方が歯触りが柔らかい。

◆ナミガイのグリル

 ちょっと贅沢だが、下処理したナミガイを食べやすい大きさに切り、フリルで塩焼きにしても旨い。香ばしい香りと、引き立てられた甘味が口に広がる。

◆ナミガイの和え物

 下処理した水管やヒモを細切りにし、色々な和え物にする。歯触りも硬すぎず、色々な野菜と合わせても旨くなじんでくれる。

◆ナミガイの天ぷら

 短冊に切ったナミガイに衣を付けカラッと天ぷらにしても旨い。

◆みる貝を使った料理をレシピサイトで探す

 主な料理レシピサイトのミルガイを使ったレシピのページにリンクしています。ミルクイとナミガイはともにみる貝と呼ばれ、同じ料理で食べることができると考え、参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP