エゾボラモドキ/チヂミエゾボラ:目利きと料理

エゾボラモドキ(チヂミエゾボラ)

 エゾボラモドキ/チヂミエゾボラを選ぶ際のポイント、目利きや見分け方、さばき方をはじめ、美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●エゾボラモドキ/チヂミエゾボラの目利きのポイント

◆基本的に生きているもの

エゾボラモドキ(チヂミエゾボラ)

 生きていることが前提。水中では脚を出して動き回っているもの、触れた時に素早く反応するものを選ぶ。

◆ずっしりと重い物

エゾボラモドキ(チヂミエゾボラ)

 持った時にしっかりと重みが感じられるものを選ぶ。そういったものの方が身も大きいことが多い。

◆エゾボラモドキとチヂミエゾボラの調理のポイント

チヂミエゾボラ/エゴバイの唾液腺

 エゾボラモドキまたはチヂミエゾボラもエゾボラなどと同じように唾液腺にテトラミンという毒成分が含まれているので、この部分を取り除かなければならない。

つぶ貝のさばき方はこちら→

 エゾボラモドキ、チヂミエゾボラは殻表の様子が多少違う個体群というだけで同種であると考えられている。食材という面でも同じものと考えていいだろう。食べ方は他のエゾボラ属と同じ。

●美味しいエゾボラモドキ/チヂミエゾボラの食べ方と料理

◆エゾボラモドキの握り

チヂミエゾボラ/エゴバイの握り

 エゾボラモドキも獲れる数が少なく、エゾボラ(マツブ)と同等に高級すしネタとして扱われている。写真は左2貫はオオエッチュウバイで、右端がエゾボラモドキ。

 食感はマツブよりやや柔らかめで、甘みがありとても美味しい。

◆エゾボラモドキ/チヂミエゾボラの刺身

チヂミエゾボラ/エゴバイの刺身

 やはりこの手の貝は刺身が旨い。シコシコとした歯触りで甘く、磯の香りは穏やかめで、サザエのコリコリ食感と磯の強い香りが好みの人には物足りないかもしれないが、この貝のファンは多い。

 切り身は艶があり、色味も良く食欲をそそる。

エゾボラモドキ(チヂミエゾボラ)

 ワタの部分は渦巻の部分をさっとゆでて添える。コクのある旨味があり、コリコリする身と一緒にいただこう。

◆エゾボラモドキ(チヂミエゾボラ)のトマトソーススパゲッティ

チヂミエゾボラ/エゴバイとオオエッチュウバイのパスタ

 トマトソースとの相性も抜群。殻から出した身を適当な大きさに切り、ニンニクと共にオリーブ油でさっと炒め、白ワインを加えて軽く煮たところにトマトソースのベースを加えて仕上げる。唾液腺とエラなどは取り除くが、渦巻きの後端にある中腸線は一緒に使える。

 食感がとてもよく、上品な貝の味が楽しめる。

◆エゾボラモドキ(チヂミエゾボラ)とオオエッチュウバイの炒め物

チヂミエゾボラ/エゴバイとオオエッチュウバイの炒め物

 つぶ貝は和洋中を問わず色々な炒め物で美味しく食べることができる。火を通し過ぎないよう注意しよう。

◆エゾボラモドキ(チヂミエゾボラ)の煮付け

エゾボラモドキ(チヂミエゾボラ)

 エゾボラモドキを殻ごと酒・醤油、みりん、砂糖で煮付けたもの。味が染みやすいよう、煮あがってから熱いうちに身を殻から引き出し、食べやすく切って煮汁に戻す。

◆エゾボラモドキ/チヂミエゾボラを使った料理をレシピサイトで探す

 主な料理レシピサイトのつぶ貝を使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP