旬の食材百科TOP / 野菜TOP / 野菜の旬カレンダー / 旬の食材と栄養素 / ブログ /

野菜トップ

旬の野菜 

栄養素の働きや、その栄養素を多く含む野菜、果物、魚介が一目で分かります



絹さやえんどうとスナップエンドウ:選び方と保存方法や主な料理

さとうさやえんどう/砂糖さや/砂糖ざや/サトウサヤエンドウ

■サヤエンドウの選び方と保存方法

●色鮮やかで艶があるもの

絹さやえんどうやオランダエンドウ(オランダ豆)は緑色が鮮やかで、水分がたっぷり含まれているしっかりとしたものを選びます。薄くてもぐにゃぐにゃ曲がるものは鮮度が落ちています。収穫された時の切り口を見て、茶色くしぼんでしまっている物は時間が立っているものなので避けましょう。

●豆が膨らみすぎていないもの

キヌサヤエンドウやオランダエンドウ(オランダ豆)は柔らかいさやを食べるので、中の豆が育ち過ぎていないものを選んでください。豆がふくらんでいるものはもう硬くなっていると考えて良いでしょう。さやがみずみずしい緑色をしているものを選びましょう

スナップエンドウの場合は豆が成長して大きくなっても美味しい品種なので、豆がきちんと端から端まで詰まっているもの、緑色が澄んでいるもの、表面に傷や茶色く変色した部分などが無い物を選んでください。

●保存は冷蔵庫の野菜庫へ方法

サヤエンドウは乾燥に弱く、放置しておくとすぐにしんなりとしてしまいます。乾燥しないようにビニールかポリの袋などに入れ、野菜庫に入れておきます。

下茹でした物は密封容器などに入れ冷蔵庫かチルドに入れておきましょう。

◆下茹でして冷凍保存

冷凍する場合は、一度さっと塩茹でした物を小分けして冷凍します。この時、よく水気をきり、それぞれが重ならないように広げて冷凍し、凍ってから密封袋などに入れて冷凍しておくと使いたい時に必要な分だけを取り出しやすくなります。

使う時は流水にさらすかレンジで解凍します。炒め物の場合は凍ったままでも出来なくはないですが、他の材料などの温度が一気に下がるのであまりお勧めはしません。

■美味しい食べ方と主な料理

絹さやえんどう/きぬさや/キヌサヤエンドウ●サヤエンドウの下ごしらえ

キヌサヤエンドウやオランダエンドウ、スナップエンドウ、それに砂糖さやは、まず筋を取ります。まず先の方の端をつまみ、反っている内側に向けて枝に付いていた方に向かって引っ張るようにちぎると筋が付いてくるように取れます。次に枝に付いていた方の端をつまみ、指先でちぎるよ絹さやえんどう/きぬさや/キヌサヤエンドウうにして反対側の反っている外側に向かって先の方まで引っ張ると筋が付いてくるように取れます。

柔らかいものだと、内側しか筋が取れないものもありますが、念の為両方の筋を取るようにしてください。食べた時に筋が口に残るのはいただけません。

ゆでたスナップエンドウ●下茹で

下茹では塩を加えて沸騰している湯の中に入れ、1分程度であげ、冷水にとり一気に熱を取って色止めします。でも、熱が取れたらそのままま浸けっぱなしにせずすぐにあげて水気を切ってください。炒め物など、更に加熱調理する料理に使う場合は、30秒程度で大丈夫です。要するに、加熱しすぎると大切な食感が一気サトウサヤエンドウとソーセージと卵の炒め物に落ちてしまうので、加減が大切と言う事です。

●主な食べ方

さやえんどうはさっと茹でて歯ざわりを楽しめるサラダ的使い方や、おひたし、和え物などにします。

煮物、揚げ物や炒め物にも使います。炒め物や揚げ物などの場合は下茹ではしなくても大丈夫です。煮物は煮すぎないよう、最後の方で加えると良いでしょう。

●さやえんどうを使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトのさやえんどうを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド E・recipes キッコーマン
ホームクッキング
レシピブログ 楽天レシピ 節約レシピ

特徴や産地と旬はこちら →

栄養成分と効用はこちら →

ページトップに戻る

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします




   ページトップへ / 旬の食材百科トップ / 栄養と食材 / 魚貝 / 野菜 / 果物 / ブログ / サイトポリシー / 管理者

関連リンク
旅しようよ / 幸せにしてくれるレストランを探そう!

飲食店開業ブログ / 全国特産・名物・ご当地グルメ / フーズリンク

旬の陸釣りノート / 「旬の食材百科」 これ食べてみた

Copyright (C) 2003 -2011 旬の食材百科 All Rights Reserved by Foodslink.jp