キューティーキング:来歴や特徴と産地や旬

皮ごと食べるいちじく キューティーキング

●キューティーキングの概要や特徴

◆キューティーキングとは

 「キューティーキング」は佐賀県唐津市浜玉町の富田秀俊氏(富田農園)が生産出荷する「ザ・キング」種で、完熟しても表皮が赤くならない”白イチジク”または”青イチジク”と呼ばれるタイプのいちじくです。

 富田農園が、この品種の特性である皮が薄く、むかずに食べることもできるという面を大きくアピールし、”皮をむかずに食べる キューティーキング”という商品ラベルにすることで広く知られるようになりました。

 富田氏は「ビオレソリエス」の生産者としても知られています。

皮ごと食べるいちじく キューティーキング

◆キューティーキングの特徴

 キューティーキングの果実は短卵型で果重はサイズによって差がありますが50~90gほど。今回仕入れたものは平均74gほどでした。

 表皮はしっとりした手触りで柔らかく産毛などはなく滑らかです。色は黄緑色で、果頂部の開口部は小さく閉じているものが多いです。 皮ごと食べるいちじく キューティーキングの断面と果肉

 半分に割った状態を見ると、果芯の空洞も極わずかです。

◆実際に食べてみたキューティーキングの食味

 撮影試食したキューティーキングは6月下旬に大阪のこだわり青果店ボニートーンさんで仕入れたものです。

皮ごと食べるいちじく キューティーキングの断面と果肉 皮ごと食べるいちじく キューティーキングの断面と果肉

 さて、実際に皮をむかずに食べてみたところ・・・普通の桝井ドーフィンなどは皮の表面がざらついた感じで、皮ごと食べると皮の嫌な食感が気になってしまいますが、これは確かに皮ごと食べてもあまり気にならない感じでした。

 甘味もしっかりとありつつ、くどさはなく美味しいです。糖度は14~15.3度ありました。

●キューティーキングの主な産地と旬

◆主な産地

皮ごと食べるいちじく キューティーキング

 キューティーキングは佐賀県唐津市浜玉町の富田農園が出荷する「ザ・キング」のブランド名なので、ここだけが産地となります。

 ザ・キングは各地で栽培され、直売所などでも見かけることがあります。

◆キューティーキングの収穫時期と旬

 キューティーキングは夏果専用品種なので、収穫時期は6月下旬頃から7月初旬にかけての短い期間だけです。

品種 6月 7月 8月 9月
キューティーキング                        

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。