シマアジ/縞鯵/島鯵:目利きと料理

シマアジ/縞鯵/島鯵

シマアジ(縞鯵、島鯵)の選び方、目利きや美味しい食べ方、調理方法と主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●シマアジの目利きのポイント

●活け物か活け締めされたものを

シマアジ/縞鯵/島鯵

シマアジは通常刺身で食べます。それを考えると、野締めのものより、活け締めされた物の方が鮮度的にも持ちがよく、血が抜けていて美味しいです。

◆目が澄んでいるもの

シマアジを見る時はまず目を見ます。体の割に小さい目が澄んで綺麗な目をしているかチェック。乾いていたり鈍くよどんだ感じになっているものは避けましょう。

◆エラをチェック

シマアジ/縞鯵/島鯵

エラ蓋を開けてみて中のエラが鮮紅色かどうか見ます。茶色っぽくなっているようなものは鮮度が落ちているので避けましょう。

◆体に張りがある物

シマアジ/縞鯵/島鯵

少し触ってみて(売り物を写真のように持ち上げてはいけません。)体に張りと艶があるか見ます。活け物や活〆されたばかりのものは弾力があり、ある程度時間が経っているものは硬く死後硬直しているものです。さらに鮮度が落ちると柔らかくなってきます。

●手頃で美味しい大きさを

シマアジは大きく成長し、1m前後にもなります。どんな料理に使うのかにもよりますが、刺身で食べるなら40cmから60cm位の大きさの物がさばきやすく、味も一番美味しいと思います。

●シマアジの美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

シマアジ/縞鯵/島鯵

シマアジは頭が体の割りに小さく歩留まりが良い魚です。

真アジなどと同様にシマアジには特有の旨み成分グルタミン酸がたっぷり含まれています。なので塩焼きなど、過熱調理にも向かない訳はありません。ただし、焼きすぎるとパサツキやすいので注意。高級魚でもあり折角の美味しさを台無しにしないよう注意してください。

養殖物と天然物では養殖物の方が脂がのっているのは他の養殖魚と同じです。身の締まり具合は何といっても天然物が勝りますが、養殖物でも変なクセや臭いはなくとても美味しいです。

◆なんといっても刺身

シマアジ/縞鯵/島鯵の刺身

シマアジは真鯛以上の値が付くような高級魚です。新鮮なものは是非刺身で食べたいものです。その身は同じ鯵でも真アジなどとは別物と言えるほど適度な脂と上品な旨みを感じさせてくれます。平造りでも、また、薄造りにしても美味しいです。

◆タタキも美味しい

アジを、皮をひかずに直火で表面を炙って、カツオのようにタタキにしても美味しいです。

◆焼き物

シンプルに塩焼きも美味しい。ただ、火の通し過ぎには注意しましょう。その他香草で香り付けしてオリーブ油でポアレしても美味しい。

◆煮付けや潮汁

シマアジ/縞鯵/島鯵のあらの煮付け

アラは捨てず煮付けにしたり、いい出汁が出るので潮汁などに使いますよう。

◆揚げ物

もったいない気もしますが、フライも美味しい。刺身が残ってしまった時などには揚げるのもアリです。

◆シマアジを使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトのシマアジを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP