イカナゴ(玉筋魚/いかなご)の食べ方や料理

イカナゴ(玉筋魚/いかなご)/コウナゴ/シンコ/メロウド/フルセ

■イカナゴの美味しい食べ方

●買って帰ったらすぐ調理

イカナゴは身が柔らかく傷みが早いので、買ってきたらなるべく早く調理しましょう。一晩寝かせたりするとくぎ煮にした時一匹一匹が綺麗な姿のままではなく、ほとんどちぎれた状態に仕上がってしまいます。

●一般的には釘煮や釜茹で

兵庫など瀬戸内周辺では水揚げ後すぐに釜茹でして砂糖やしょうゆ、生姜などを加えて釘煮にされることが多いです。また、4から5cm位に成長したものは、釜茹でにして生姜醤油につけて食べます。

●イカナゴ(シンコ)の釘煮のレシピ

イカナゴ(シンコ) 1kg

ザラメ糖  200g

醤油    200cc

酒      50cc

みりん   150cc

しょうが(千切り)50g

※鍋は材料を全部入れたときにあまり深さが出ないよう、ある程度広口の鍋が良いです。

※途中箸やヘラなどでかき回さないこと。イカナゴが細かく切れてしまいます。

1.イカナゴは水で洗い、ざるにあげておく

2.鍋にザラメ糖、醤油、酒、みりんを入れ、強火にかけて沸騰させる。

3.沸騰したところにイカナゴを数回に分けて加える。このとき火は強火のままで、イカナゴを入れて再び沸騰したら次を加えるという事を繰り返します。

4.全部のイカナゴを加え終わってから沸騰した時点でアクをすくいとり、ショウガを加えてさらに強火のまま水分を飛ばしていきます。

5.ある程度水分が煮詰まってきたら焦がさないよう中火にし、さらに水分を飛ばして煮詰めます。

6.水分がなくなったらザルなどにあけて、一気に熱を冷まして出来上がりです。

●てんぷらにも

イカナゴは掻き揚げにすると非常に美味しい魚です。さっと水で洗ってざるに上げ、酒を少し振りかけてから生地をまとわせると生臭みがなくなります。

●カマスゴやメロウドと呼ばれる成魚

イカナゴの成魚は釜あげされたものが良く出回ります。釜あげされたものはそのままでも食べられますが、シシャモなどのようにさっと焼いてレモンを絞って醤油をかけて食べる方が美味しいです。また、ニンニクを利かせたオリーブオイルで焼いても美味しいです。

●イカナゴを使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトのイカナゴを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP