チダイ/血鯛/ハナダイ:目利きと料理

チダイ/血鯛/ハナダイ

 チダイ/血鯛/ハナダイやヒレコダイを選ぶ際のポイント、目利きや見分け方、さばき方をはじめ、美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●チダイの目利きのポイント

◆身に張りがあり色が鮮やかなもの

チダイ/血鯛/ハナダイ

 全体に赤い色が鮮やかで、青い斑点が鮮明なものが新鮮。鮮度が落ちてくると色褪せ、青い斑点もぼやけてくる。

 目が澄んで綺麗かどうかもチェックポイント。

 また、腹を触ってみてしっかりと固く感じるものを選ぶ。

◆エラが鮮紅色の物

チダイ/血鯛/ハナダイ

 エラ蓋を持ち上げてみて、中のエラが鮮やかな赤い色をしているものが新鮮。鮮度が落ちてくるとクリーム色から茶色く退色してくる。

◆用途によって大きさを選ぶ

 カスゴ(春子)の握りに使う場合は、三枚におろした片身がちょうど一貫に使えるサイズが良い。 丸ごと塩焼きや煮付けにするなら20cm前後のものが手頃。しかし、やはり身に脂がのって味が良いのは大きなものなので、刺身や切り身で使うのであれば大きいものを選ぶ。

●チダイの美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

チダイ/血鯛/ハナダイ

 チダイは外見はマダイとそっくりだが、身質はマダイよりも柔らかく、少し水分が多いため、焼く場合はふり塩をして余分な水分を取ってから焼く。

 クセや臭みの無い上品な味わいの白身魚で、煮る、焼く、蒸す、揚げると様々な料理に使える。基本的にはマダイと同じ料理に使えると考えてよい。

◆チダイの刺身

チダイ/血鯛/ハナダイ

 大きく鮮度が良いチダイは刺身も美味しい。皮目が美しい事と、皮と身の間に旨みがあるので、湯霜造りがお勧め。

◆チダイの握り

チダイ/血鯛/ハナダイ

 チダイを使った握りと言えばカスゴ(春子)のイメージが強いかもしれないが、大きなものも旨い。この場合、身が柔らかく水分が多いので、昆布締めにすることも多い。

◆チダイのカルパッチョ

チダイ/血鯛/ハナダイ

 チダイの身は柔らかく水分が多いので、塩を振り軽く酢で締めてから薄くスライスし、塩胡椒とオリーブ油、レモン汁で仕上げた。

◆チダイの塩焼き

チダイ/血鯛/ハナダイ

 小ぶりのものは丸ごと塩焼きにするのに丁度良い。飾り包丁を入れ、ふり塩をして焼き上げる。マダイより水分が多く、焼き上がりも身がパサつきにくくしっとりした感じに仕上がる。

◆チダイの煮付け

チダイ/血鯛/ハナダイ

 今回は小ぶりのものを丸ごと煮付けにした。

 味はやや淡白だが身は煮ても硬く締まらず、身離れも良い。

◆チダイのアラの吸い物

チダイ/血鯛/ハナダイ

 湯引きしたアラを昆布出汁で煮てそのまま吸い物にしたもの。

 アラからとてもいい出汁が出てとても美味しい。

◆チダイの揚げ物

 身は淡白な白身なので、小ぶりなら丸ごとから揚げにしたり、三枚におろして衣を付け、フライにしても美味しい。

◆ポワレやムニエル

 大きめのチダイを三枚におろし、ポワレやムニエルにしても美味しい。みは焼いても硬く締まりにくくふっくらと仕上がる。

◆チダイを使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトのチダイを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP