湘南ゴールド:来歴や特徴と産地や旬

湘南ゴールド 柑橘

●湘南ゴールドとは

 「湘南ゴールド」は神奈川県が「黄金柑」に「今村温州」を交配して育成した、果形が球、果実の重さがやや軽、果皮色が黄の柑橘(雑柑類)である。

◆湘南ゴールドの来歴

 「湘南ゴールド」は神奈川県農業総合研究所根府川試験場(現 県農業技術センター足柄地区事務所)において、果実は小さいが柔らかくジューシーで甘くさわやかな香りを持つ「黄金柑」に、高糖度で浮皮になりにくい「今村温州」みかんを交配し育成した品種で、育種に使うための素材としての利用を想定し品種登録されたみかんである。育成過程は下記の通り。

新しいサイトに移動します 湘南ゴールド 柑橘

1988(昭和63)年 園芸試験場根府川分場(現神奈川県農業技術センター足柄地区事務所根府川分室)において、果実は小さいが柔らかくジューシーで甘くさわやかな香りを持つ「黄金柑」に、高糖度で浮皮になりにくい「今村温州」みかんを交配。

1989(平成元)年 得られた種子から胚を分離し、シャーレの中で育成後、それらの実生を定植し育成。

1991(平成3)年 育成した実生の穂木を「興津早生」に高継ぎ。

1999(平成11)年 「黄金柑」よりも大きな実をつける系統番号「M-16122」を選抜、仮称で「根府川1号」と命名し、特性調査などを開始。

2000(平成12)年 「湘南ゴールド」として品種登録申請。

2001(平成13)年 出願公表。

2003(平成15)年 品種登録完了。

◆湘南ゴールドの特徴

「湘南ゴールド」の果実は黄金柑より実が大きく80gほどになり、果形はほぼ球形で果頂部、果梗部ともに放射状溝もない。果面は滑らかで全体にレモンのような明るい黄色である。

湘南ゴールドの断面 柑橘

 果皮は比較的薄く、手でむくことができる。ジョウノウ膜はやや柔らかくサジョウは黄色から黄橙で果汁を多く含み、甘味酸味ともに強く、香りも強い。種無しではないが、種は入っていても少ない。

皮を剥いた湘南ゴールド 柑橘

 農林水産省の品種登録データベースには以下の通り記載されています。

『-----

 果実の形は球、果形指数は中、果頂部の形は円、放射条溝及び凹環の有無は無、果梗部の形は球面、放射条溝の多少は無である。

 果心の充実度は密、大きさは極小、果実の重さはやや軽、果皮の色は黄、油胞の大きさは小、密度は疎、凹凸は平、果面の粗滑は滑、果皮の厚さは薄、果皮歩合及び剥皮の難易は中である。

 じょうのう膜の硬さは軟、さじょうの形は中、大きさは小、色は黄橙である。果汁の多少は多、甘味及び酸味は高、香気の多少は多、種子数は少、胚の数は多胚である。

 発芽期及び開花期は中、成熟期は晩で育成地においては4月~5月である。

 隔年結果性は高、浮皮果及び裂果の発生は無、貯蔵性は中である。

 「黄金柑」と比較して、枝梢のとげが多いこと、果面が滑らかであること等で区別性が認められる。

-----』以上、抜粋。

◆実際に食べてみた湘南ゴールドの食味

湘南ゴールドの糖度 柑橘

 撮影試食した「湘南ゴールド」は3月下旬に百貨店で購入したもので、平均果重60g足らずで直径5cmほどの小ぶりのものでした。

 皮は温州みかんほどむきやすい訳ではありませんが、手でむくことができます。

 食べてみるとジョウノウ膜は温州みかんと同じ感じでそのまま食べることができ、強い甘みと程よい酸味が広がり、レモンを思わせる黄色い色の外見からのイメージをいい意味で裏切ってくれます。また香りもさわやかでとても美味しいみかんでした。

 ただ、やはり小さい分サジョウに対してジョウノウ膜の割合が多くなり口に感じやすいのが残念です。計ってみた糖度は13.6度ありました。

●湘南ゴールドの主な産地と旬

◆主な産地と生産量

湘南ゴールド 柑橘

 湘南ゴールドは神奈川県のオリジナル品種として、県内でのみ栽培出荷されてきた。収穫量は2016(平成28)
年にピークを迎え、神奈川県内に19.8ha、113トンまで増えましたが、その後減少し、農林水産省がまとめた2019(令和元)年産の特産果樹生産出荷実績調査によると、神奈川県の2.3haで22.2トンだけとなっている。

 その他この記録では兵庫県でも4haで栽培されていることになっているが、収穫はされていない。

 いずれにしても、生産量が非常に少なく、数量限定期間限定の柑橘ということである。

◆湘南ゴールドの収穫時期と旬

 「湘南ゴールド」の成熟期は神奈川県小田原市では4月~5月となっている。

 収穫時期はハウス物が2月上旬から始まり、露地栽培ものが3月上旬頃から始まる。「湘南ゴールド」は収穫してから冷暗所で10日間ほど貯蔵することで酸味がまろやかになり、甘みも増えて美味しくなる傾向があり、出荷は4月中旬頃まで続く。

湘南ゴールド 2月 3月 4月 5月
ハウス物                        
露地物                        
湘南ゴールドの断面 柑橘

< 出 典 >

 ※ 「カンキツ新品種‘湘南ゴールド'」神奈川県農業総合研究所研究報告 145号,p.35-41(2004-08)

 ※ 「‘湘南ゴールド’の味を表現すると・・・」神奈川県ホームページ

 ※ 「登録番号11469 湘南ゴールド」農林水産省 品種登録データベース

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。