ワタリガニ/渡り蟹(ガザミ類)の目利きと主な料理

ワタリガニ/渡り蟹/ガザミ類

■ガザミ(ワタリガニ/渡り蟹)の目利き

●できれば生きているもの

ワタリガニ/渡り蟹/ガザミ類

 カニ類は自分が持つ酵素の働きで死んだ後急速に劣化してしまいます。なので、できるだけ生きているものを選ぶことと、死んでいるものは安心できるお店で買うようにしましょう。茹でガニの場合は甲羅が鮮やかな朱色で艶があるもの、腹が白いものを選びます。

●身が詰まったものを選ぶ

ワタリガニ/渡り蟹/ガザミ類

 手に持ってみてしっかりと重みがあるものを選びます。また、甲羅の真ん中を圧してみてしっかりと硬くフワフワしていないものを選びます。柔らかい物は脱皮して間が無いので身痩せしておいしくありません。そして、第5脚(一番後ろの先が平たくなっている脚)の付け根の膨らんでいるところがしっかりと硬い物が身が詰まっているカニです。

 手足が1本2本欠けている物は、その分以上に価格が安くなっているはずです。脚が足りないだけで味自体にはほとんど影響ないと思っていいでしょう。

●雄と雌の見分け方

 腹を見て、ふんどしの部分がスリムなほうが雄、雌のふんどしは卵を抱えられるように幅が広くなっています。写真はガザミのメスとオスの物です。雌の場合、内子は美味しいのですが、外子は粒が固く味も劣るので、腹に外子をたくさん抱えていないものを選びましょう。外子は食べられないわけではないですが、食べるなら濃い味付けで煮るなどしましょう。

●ガザミとタイワンガザミの見分け方

 ガザミとタイワンガザミのオスは甲羅の模様が有る無しで見分けがつきやすいですが、雌はよく似てます。見分けるポイントはハサミが付いている腕の棘の数です。ガザミには4~5つあるのに対し、タイワンガザミは3つしかありません。

■ガザミ(ワタリガニ/渡り蟹)の主な料理

●味噌汁

イシガニ - Charybdis japonica -

 ワタリガニの定番料理と言えば味噌汁です。これなら小さいものでも十分に美味しさを堪能できます。

●茹でガにや蒸しガニ

イシガニ - Charybdis japonica -

 ワタリガニをゆでたり蒸したものをそのままむしゃむしゃと食べます。ワタリガニはズワイガニと違い脚が細く身が少ないのですが、肩の部分にたっぷりと身があり、とても甘く美味しいです。

●ワタリガニのトマトクリームパスタ

フェトチーネ ワタリガニ(ガザミ)のトマトクリームソース

 イタリアンでは定番で知られるパスタですね。カニ味噌のコクも加わり、とても濃厚でいてトマトの酸味がバランスよくとても美味しいです。

●ワタリガニのグラタン

ワタリガニ(ガザミ)のグラタン

 ちょっと面倒ですが塩ゆでしたワタリガニの身をほぐし、ベシャメルソースと合わせてグラタンにするのも美味しいです。

甲羅を器に使ったワタリガニ(ガザミ)のグラタン

 甲羅を器にして焼き上げるのもいい感じに仕上がります。

●ワタリガニの素揚げ

 さばいたガザミを油で揚げたものも香ばしく美味しいです。

●ガザミ(ワタリガニ/渡り蟹)を使った料理をレシピサイトで探す

 主な料理レシピサイトのガザミ(ワタリガニ/渡り蟹)を使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP