ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイ:目利きと料理

ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイ

ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイを選ぶときのポイント、目利きや、選び方やさばき方、調理のポイントや美味しい食べ方とおもな料理、レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●目利きのポイント

◆目が澄んでいるもの

ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイ

ほとんどの魚に言えることですが、目が澄んでいるかチェックします。ヒメダイはある程度鮮度が落ちても目が濁りにくいので、目だけでは判断できませんが、濁っているものは避けましょう。

◆エラがエラが鮮紅色のもの

エラ蓋を開けてみて、エラが鮮やかな赤い色をしているか見ます。鮮度が落ちると色が抜けて薄くなり、さらに鮮度が落ちると茶色くなってきます。

◆腹がしっかりとしているもの

手で触ってみた時に張りがあること、特に腹がしっかりとしているものが新鮮。鮮度が落ちると緩くなってきます。

◆類似種との見分け方

ヒメダイの舌には小さな歯が付いており、他の見分けにくいヒメダイ属の魚と見分けることができます。ハマダイなどハマダイ属との見分けは、背ビレがヒメダイは1ブロックなのに対し、ハマダイ属の魚は前後2つにくびれているので見分けられます。オオグチイシチビキも一見よく似ていますが、名前の通りものすごく口が大きいので判別できます。

●美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

三枚におろしたヒメダイ(姫鯛)/オゴダイ

ヒメダイは大きさ的に色々な料理に使いやすい魚です。肉質は上品な旨みが感じられる白身で、新鮮であれば生でも美味しく、塩をふり加熱調理することで甘味が引き出されます。

◆刺身

ヒメダイの身は真鯛にも似た適度な食感が楽しめる白身で、皮を引いた刺身でも、皮つきのまま湯引きや焼き霜造りでも美味しい。もちろん、握りのネタとしても上ネタとなります。

◆ポアレ

ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイのポアレ

ヒメダイはムニエルというより、皮目をカリッと焼き上げるポアレにお勧め。見た目もその方が皮目が活きます。

◆煮付け

沖縄ではマース煮と呼ばれる水に酒と塩を加えただけのシンプルな煮付けにされます。上品なヒメダイそのものの旨みが活かされている感じですね。もちろん、醤油やみりんを加えた煮付けも美味しいですが、少し薄味にしておきましょう。

◆蒸し物

ヒメダイ(姫鯛)/オゴダイのワイン蒸し

ヒメダイの上品な旨みを引き出す料理として、蒸し料理もお勧めです。写真はシンプルに塩コショウしたヒメダイの切り身をワイン蒸しにし、煮汁を詰めてバターを加えバジルをトッピングしただけですが、とても美味しいです。

◆その他にも

ヒメダイはクセのない白身の魚なので、焼く、煮る、揚げる、蒸すなどあらゆる料理に使えます。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP