アイゴ(藍子)のさばき方や主な料理法、栄養素

アイゴ(藍子)

■アイゴ(藍子)の目利き

●アイゴの肌は乾きやすい

アイゴにはウロコが無く、水に浸っていないとすぐに乾燥してきます。表面が乾いてしまっているようなものは避けましょう。

目では判別が付きにくい魚なので、エラが鮮紅色をしているか、尾鰭が干からびていないかなどを見ます。

■さばき方

●棘に注意

アイゴのヒレにはとても鋭く固い棘があり毒を持っています。さばく時は、まずハサミで背鰭・腹鰭・臀鰭を全て切り落としてからにしてください。

●内臓を傷つけないように

磯臭さ・・・アイゴはしばしば臭いと感じる程の磯臭さを持っている物があります。特に内臓は臭いので、その臭いが身にしみこむ前に、内臓を傷つけないように取り出してしまう事が大切です。頭を落とし、背中から包丁を入れ背開きにする、この時、内臓を傷つけないよう注意してください。干物にする場合は、この背開きの状態で塩水に浸します。

刺身の場合は三枚におろし、皮をはぎます。皮は頭側からむしるように引きはがせますが、包丁の背を使って引いた方が綺麗に仕上がります。

●料理のポイント

それほど磯の香りが強くないものは普通に調理してとても美味しい魚ですが、臭いくらいに香りが強い物は、それをカバーするような薬味や香草、スパイスを使って調理する必要があります。

皮の部分も臭いが強いので、煮付ける場合は皮をひいてしまった方が食べやすいかもしれません。

■主な料理

アイゴ開き(2尾)
画像リンク:とれとれ市場

生で・・・新鮮で臭みが感じないものは刺身が美味しいです。皮をひいて刺身にすると臭みは感じず引き締まった感じの白身でイサキのような肉質で、歯ごたえのある美味しい魚です。もちろん、カルパッチョやマリネにしても美味しいです。

煮付け・・・沖縄ではマース煮と呼ばれる、塩味の煮付けにされています。もちろん、一般的な煮付けでも美味しいです。特に、卵と白子は煮付けるととても美味しい。山陰地方では好んで食べられています。

焼きもの・・・塩焼き、一夜干しにすると更に美味しい。ポアレやムニエルでも美味しい。

揚げもの・・・三枚におろして、フィレ状にしたもので唐揚げにすると美味しい。

栄養価と効能

■主な栄養素と効能

●白身で高タンパク低脂肪

アイゴは脂肪分が少ない白身魚なので、良質なタンパク源だと言えます。

●ビタミンDが摂取できます。

ビタミンDは魚やキノコ類などにしかなく、野菜や果物からはほとんど摂る事が出来ない大切な栄養素です。体内でも、日光にあたる事で生成されますが、日ごろ室内で仕事をされている人は不足しがちです。このビタミンには、カルシウムやリンの吸収を助けるとともに、骨の形成を促す働きや、免疫力を高める働きなどがあるとされています。

■可食部100gあたりの成分

五訂日本食品標準成分表には記載がありませんでした。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP