ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち:目利きと料理

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱちを選ぶ際のポイント、目利きや見分け方、さばき方をはじめ、美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●ヒレナガカンパチの目利きのポイント

◆ある程度大きいもの、腹が硬いもの

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 ヒレナガカンパチは小さくてもそこそこ美味しいのですが、3~4Kgのものがおすすめ。腹を触ってみて、張りがありしっかりとした硬さのあるものがいい。

◆眼が澄んでいるもの

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 目が澄んで黒目がくっきりとしているものが新鮮。

◆エラが鮮紅色の物

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 エラ蓋を開けてみて、中のエラが鮮やかな赤い色をしているものが新鮮。よどんだ色で茶色っぽくなっているものは鮮度が落ちていると考えよう。

●ヒレナガカンパチの美味しい食べ方と料理

◆調理のポイント

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 ウロコは細かく、しっかりと皮についており、40㎝程のものであればウロコ取りでも落とせるが、大きいものは柳葉包丁ですき引きした方がいい。

 身はほんのり桃色で血合いは少なめ。味はカンパチに似ているが、脂はカンパチに比べ若干少ない。基本的には同じ料理に使える。

◆ヒレナガカンパチの刺身

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 今回のものは小ぶりの若魚だったこともあり、脂は少なめだったが、食感はしっかりとしていて、噛むほどに旨味が感じられ美味しかった。見た目の色合いも綺麗だ。写真はさく取りした背身を使ったもの。

◆ヒレナガカンパチの握り

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 さく取りした腹身を握ってみた。旨みも食感もよく美味しいが、個人的にはもう少し脂を感じたかった。


◆ヒレナガカンパチのかぶと焼き

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 なし割にしたヒレナガカンパチの頭部とカマを塩焼きにしたもの。やはりこの手の魚はこの部分がとてもうまい。

◆ヒレナガカンパチの煮付け

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 三枚におろした切り身を酒、醤油、みりん、砂糖で煮付けたもの。身は良い具合に繊維感もあり、醤油との相性は言うまでもなく抜群。

◆ヒレナガカンパチのから揚げ

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 小口に切った身に塩胡椒とおろし生姜をなじませ、片栗粉をまぶしてカラッと揚げたもの。

 ビールや酒のあてになるほか、ちょこっと醤油を垂らせばご飯もすすむ良いおかずになる。

◆ヒレナガカンパチの兜煮

ヒレナガカンパチ/鰭長間八/ひれながかんぱち

 頭とカマの部分を煮付けたもの。塩焼き同様、頬や頭の付け根、それに鎌の部分の身は脂も多く旨みがにじみ出てとても美味しい。

 

◆鍋料理

 大きなものであれば鍋料理もおすすめ。

◆カンパチを使った料理をレシピサイトで探す

 主な料理レシピサイトのカンパチを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP