芋づる(イモヅル):ゆで方や美味しい食べ方と料理

●芋づる(イモヅル)の下ごしらえ

◆皮をむく

芋づるはそのまま調理すると繊維質が強く噛み切れない事が多く、通常は表面の薄皮をむいてから調理します。

芋ヅルの端を爪先でつまみ、手前に引いてくると写真のように薄皮が剥けます。残っているところがないように、茎全体の皮をむいてください。

上のザルにあった芋づるを全部むいた皮の量です。

皮をむいた芋づるは5cmくらいの長さに切り、灰汁を抜くために30分ほど水にさらしておきます。

水にさらしたものをザルに上げ、塩茹でします。塩は水1Lに対して25gから30g加えます。

ゆで時間は用途や好みによって調節します。

そのまま和え物やおひたしにする場合は5分前後。

炒め物や佃煮などさらに加熱調理に使う場合は2分から3分ほど。

茹で上がった芋づるはすぐに冷水に落として色止めします。

●芋づる(イモヅル)の保存方法

◆生のままの物

生のものは乾燥しないように袋に入れ、冷蔵庫に入れておきます。なるべく早く調理しましょう。

◆下ゆでしたもの

水気を切って、タッパーなどに入れて冷蔵庫に入れておきます。2~3日で食べるようにしましょう。また、冷凍しておくことも出来ます。その場合は、バットなどにラップを敷き、そこにむき出しで広げて冷凍し、凍ったものを保存袋などに入れて冷凍しておきます。

●芋づる(イモヅル)の食べ方

◆主な料理

炒め物や和え物、煮浸しなどにして食べます。また、もっともポピュラーなのは佃煮でしょう。

左の写真は芋づるとシメジ、牛肉の細切りを中華風にオイスターソースで炒めた物です。

◆芋づるを使った料理をレシピサイトで探す

主な料理レシピサイトの芋づるを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ