甘夏みかん(カワノナツダイダイ)の特徴や旬と産地

甘夏みかん(あまなつ/アマナツ)

■甘夏みかん(あまなつ/アマナツ)の特徴

●ミカン科ミカン属ナツミカン類

甘夏みかん(あまなつ/アマナツ)

夏みかんは江戸時代に山口県長門市仙崎大日比(青海島)に漂着した南方系の柑橘の種を育成したものが期限とされています。標準和名は「夏代々(ナツダイダイ)」ですが、「夏橙」や「夏柑」などとも呼ばれています。現在でも山口県をはじめ各地で栽培されてきましたが、現在ではほとんど甘夏(アマナツ)に取って代わっています。

甘夏ミカンにはいくつかの種類があるようですが、そのほとんどはカワノナツダイダイ(川野夏橙)だと言われています。カワノナツダイダイとは、古くからある夏ミカンの中から発生した変異種で、甘味系夏ミカンと呼ばれるものです。普通の夏ミカンよりも早く色付き、酸が早く抜けるのが特徴のためこう呼ばれるようになったようです。

●夏みかん・アマナツの特徴

甘夏みかん(あまなつ/アマナツ)

アマナツを含む夏みかんは果実は300g~500g程で、皮は厚く剥きにくい。ジョウノウ膜も厚みがあり、剥かなければなりません。しかし、その中の果肉部分、サジョウはしっかりとしていて果汁をたっぷりと含み粒の一つ一つがプチプチとした食感があります。味は酸味が強めですが、それと共に甘みがあり、全体にさっぱりとした清清しい味が楽しめます。

■夏みかんと甘夏みかんの主な産地

●夏みかんの主な産地

 政府がまとめた夏みかんの全国の生産量を上位から10位までをグラフにしました。この中にはアマナツも含まれています。

主産地は鹿児島県、熊本県、愛媛県が上位で、次いで和歌山県などがありますが、それ以外にも各地で栽培されています。

●ブランド甘夏 「出水の紅甘夏」

鹿児島ブランドの紅甘夏 紅の濃い果皮とオレンジ色の果肉が特徴です。収穫後2~3カ月貯蔵し、糖度がのってから出荷されます。

●新甘夏 サンフルーツ

甘夏ミカンの枝変わりとされる品種。 これについてはこちらのページへ →

■甘夏みかんの収穫期と美味しい旬

1月から収穫が始まり、倉庫などで寝かせて酸を抜き熟成させたのち出荷されます。美味しくなる旬は3月から5月頃までです。

旬のカレンダー

品種 1月 2月 3月 4月 5月 6月
甘夏                              
サンフルーツ                              

■品種ごとの画像ギャラリー

画像をクリックするとそれぞれの写真をまとめたページに移ります。