キンメダイ(金目鯛)の栄養価と効能

キンメダイ/金目鯛

■キンメダイ(金目鯛)に含まれる主な栄養成分と効用

●キンメダイ(金目鯛)に含まれるDHA(ドコサヘキサエン酸)とEPA(エイコサペンタエン酸)

 キンメダイにはオメガ3脂肪酸であるDHA(ドコサヘキサエン酸)が870mg/100g、EPA(エイコサペンタエン 酸)は270mg/100g含んでいます。DHA(ドコサヘキサエン酸は脳の働きを活性化し、EPA(エイコサペンタエン 酸)は血液をサラサラにする働きがあると言われています。

●良質なタンパク源

 キンメダイは白身の魚で、脂肪分やコレステロールの量に対してタンパク質が多く、消化もしやすいので、胃腸にも優しい重要なタンパク源です。

●妊婦さんは注意が必要

 キンメダイには微量の水銀が含まれているため、厚生労働省が「妊婦が摂食量を注意すべき魚介類」の一つとしています。2005年に発表された内容では、1回に食べる量を約80gとした場合、キンメダイの摂食は週に1回まで(1週間当たり80g程度)を目安にするようにとのことです。よほど産地の方でなければそれほどの量を口にすることはなさそうです。

■七訂日本食品標準成分表でみるキンメダイの栄養成分量

 各成分の働きは成分名をクリックすればその栄養成分のページに移りご覧いただけます。

●キンメダイ100gあたりの成分

 下の表は七訂日本食品標準成分表に記載されている生のキンメダイの可食分部100gに含まれる成分の量です。

エネルギー 水分 たんぱく質 脂質 炭水化物 灰分 飽和脂肪酸 不飽和脂肪酸 コレステロール 食物繊維
160
kcal
72.1
g
17.8
g
9.0
g
0.1
g
1.0
g
2.15
g
5.40
g
60
mg
(0)
g
ビタミン
レチノール D E B1 B2 ナイアシン B6 B12 葉酸 パントテン酸 C
63
μg
2.0
μg
1.7
mg
0.03
mg
0.05
mg
2.7
mg
0.28
mg
1.1
μg
9
μg
0.23
mg
1
mg
無機質
ナトリウム カリウム カルシウム マグネシウム リン
59mg 330mg 31mg 73mg 490mg 0.3mg

七訂日本食品標準成分表より

■キンメダイ(金目鯛)に含まれるアミノ酸の量

●生のキンメダイ(金目鯛)100gあたりに含まれるアミノ酸

 下の表は日本食品標準成分表準拠 アミノ酸成分表2010にキンメダイ(金目鯛)に含まれているアミノ酸の一覧です。

アミノ酸(mg/100g中)
イソロイシン 860 チロシン 640 アラニン 1100
ロイシン 1500 スレオニン 800 アスパラギン酸 1800
リジン 1800 トリプトファン 190 グルタミン酸 2800
メチオニン 640 バリン 970 グリシン 840
シスチン 210 ヒスチジン 620 プロリン 650
フェニルアラニン 800 アルギニン 1100 セリン 730

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP