ボラ/ぼら/鯔:目利きと料理

ボラ/ぼら

 ボラ/ぼら/鯔を選ぶ際のポイント、目利きや見分け方、さばき方をはじめ、美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●ボラ/ぼらの目利きと調理のポイント

◆大きいもの、活〆されたもの

ボラ/ぼら

 ボラは人気がなく安い魚だが、綺麗な水のところで獲れたものは臭みもなく美味しいので、産地は必ずチェックしておこう。なるべく大きいもの、できれば活〆されているものがいい。

◆眼が澄んでいるもの

ボラ/ぼら

 眼に透明感があり、黒目がくっきりとしているものが新鮮。白濁しているもの、乾いてしぼんでいるようなものは鮮度が落ちている。

◆エラが鮮紅色の物

ボラ/ぼら

 エラ蓋を開けて中を覗いてみて、エラが鮮やかな血の色をしているものが新鮮。クリーム色から茶色っぽく変色しているものは鮮度が落ちている。

◆調理のポイント

三枚におろしたボラのフィレ/ぼら

 ボラは個体によって臭みを持つものがあるので、さばいたらまず少し食べて味のチェックをする。

 臭みのないものは意外に上品で旨みがあり、秋から冬のものは脂ものっていて美味。

 鮮度がいいものは生食も美味しく、煮る焼く、蒸すといろいろな料理でおいしく食べられる。

●ボラ/ぼらの美味しい食べ方と料理

◆ボラの刺身

ボラの刺身/ぼら

 写真は10月下旬に釣った全長48cm、1.3Kgのボラを刺身にしたもの。血合いの色が鮮やかで、身は脂を含み白っぽい。

 いやな臭みは全くなく、独特の風味が感じられる。しっかりとした食感と、脂がいい感じに乗っていて思いのほか美味しかった。

 薄く削ぎ切りにして洗いにしてもいい。

◆ボラの塩焼き

ボラの塩焼き/ぼら

 シンプルに塩焼きにしたもの。

 焼いているとノルウェー産のサバの様に脂がにじみ出てきてぽたぽたと滴る。この脂が黄色っぽい。

 食べると旨みはサバほど強くはないが、焼いている時の期待を裏切らない。

◆ボラのポワレ

ボラのポワレ/ぼら

 臭みがないのを確認し、皮目をカリッと焼き上げたポワレにしたもの。

 身は焼いても硬く締まらず、しっとりとした食感で、適度に繊維感もある。

 少し味が濃い目のソースでアクセントを付けるといい感じにボラの味が引き立つ。

◆ボラの煮付け

ボラの煮付け/ぼら

 一般的な酒、醤油、みりん、砂糖に生姜を加えて煮付けたもの。

 普通に美味しく食べられる。みそ煮に似てもいいだろう。

◆ボラのから揚げ

 三枚におろし小骨を取り除いたボラを一口大に切り、ニンニク、ショウガ、酒、醤油を合わせた漬けダレをまぶし10分程馴染ませておく。

 それに片栗粉をまぶして熱した油でカラッと揚げる。

◆ボラ/ぼらを使った料理をレシピサイトで探す

 主な料理レシピサイトのボラ/ぼらを使ったレシピのページにリンクしています。参考にされると良いでしょう。

クックパッド レシピブログ 楽天レシピ

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP