ヒメコダイ- Chelidoperca hirundinacea -:目利きと料理

ヒメコダイ/姫小鯛-Chelidoperca hirundinacea-

 ヒメコダイを選ぶ際のポイント、目利きや見分け方、さばき方をはじめ、美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●ヒメコダイの目利きと調理のポイント

◆色が鮮やかで硬い物が新鮮

ヒメコダイ/姫小鯛-Chelidoperca hirundinacea-

 ヒメコダイは主に底引き網で漁獲される。鮮度はまず体色が鮮やかで、触ってみてしっかりとした硬さがあるものが新鮮。

◆眼が澄んでいるもの

ヒメコダイ/姫小鯛-Chelidoperca hirundinacea-

 眼に透明感があり黒目がくっきりとしているものが新鮮。

◆調理のポイント

 小さい魚なのでさばくのは面倒だが、開いて骨を取り除くと食べやすく、身質が良く味もいい上に皮目の色も綺麗。

 鮮度が良いものは生食もおすすめ。

●ヒメコダイの美味しい食べ方と料理

◆ヒメコダイの刺身 焼き霜造り

ヒメコダイ/姫小鯛の刺身 焼き霜造り-Chelidoperca hirundinacea-

 鮮度が良いものは刺身で美味しい。身はほんのり甘く、皮と身の間に旨味が多い。皮はややしっかりとしているので生のままだとかみ切りにくいため焼き霜がお勧め。

◆ヒメコダイの天ぷら

ヒメコダイ/姫小鯛の天ぷら-Chelidoperca hirundinacea-

 開いて骨を取り除き、衣を付けて天ぷらに。身の食感、風味ともに上質。手間がかかるのが難点。

◆ヒメコダイの塩焼き

ヒメコダイ/姫小鯛の塩焼き-Chelidoperca hirundinacea-

 ウロコと内臓、エラを取り除いて塩を振り、グリルで焼き上げたもの。身は甘くとても美味しい。ただ、小さい上に骨が硬く食べにくいのが難点。

◆ヒメコダイの煮付け

ヒメコダイ/姫小鯛の煮付け-Chelidoperca hirundinacea-

 ウロコと頭や内臓を取り除き、酒、醤油、みりん、砂糖で煮付けたもの。身に臭みやクセがなく、上品な甘みがあるのでやや薄味で煮付けた方が美味しい。身離れはよく、塩焼きよりは食べやすい。

◆ヒメコダイの唐揚げ

ヒメコダイ/姫小鯛の唐揚げ-Chelidoperca hirundinacea-

 ウロコと内臓やエラを取り除いたヒメコダイに下味をつけ、片栗粉をまぶし、まず150度でじっくりと火を通して揚げ、次に180度に上げた油でカラッと揚げる。こうすることで頭や骨まで美味しく食べることができる。

◆ヒメコダイの醤油干し焼き

ヒメコダイ/姫小鯛の醤油干し焼き-Chelidoperca hirundinacea-

 ウロコと内臓やエラを取り除いたヒメコダイを、酒、醤油、みりんを合わせたつけ汁に一晩浸しておき、それを半日程度天日干ししたものをグリルで焼き上げたもの。

 余分な水分が抜け、醤油の香ばしい香りが加わりとても美味しい。ただ、これも食べにくいのが難点。

◆ヒメコダイ、マゴチ、ヤコウガイのスパゲッティ

ヒメコダイ/姫小鯛、マゴチ、ヤコウガイのスパゲッティ

 ウロコを落とし、頭と内臓、尾を取り除いて、他の魚貝と共にニンニクを効かせたオリーブ油でさっと炒め、ゆでたスパゲッティーと共にバジルソースで合わせたもの。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP