イトヒキアジ/糸引鯵/いとひきあじ:目利きと料理

イトヒキアジ/糸引鯵/いとひきあじ

 イトヒキアジ/糸引鯵/いとひきあじを選ぶ際のポイント、目利きや見分け方、さばき方をはじめ、美味しい食べ方と調理方法、主な料理、料理レシピなどを沢山の写真と共に紹介します。

●イトヒキアジの目利きと調理のポイント

◆体に張りがあるもの

 全体に硬く張りがあるものが新鮮。

◆眼が澄んでいるもの

イトヒキアジ/糸引鯵/いとひきあじ

 目に透明感があり、黒目がくっきりとしているもの。ふっくらと張りがあり窪んでいないものが新鮮。

◆エラが鮮紅色のもの

イトヒキアジのエラ/糸引鯵/いとひきあじ

 エラブタを開けてみて、中の鰓が鮮やかな赤い色をしていて、白い鰓耙とのコントラストが明瞭なものが新鮮。クリーム色や茶色など澱んだ色になっているものは鮮度が落ちてきている。

◆調理のポイント

三枚におろしたイトヒキアジのフィレ

 イトヒキアジは体高が高いので三枚におろした時の身の幅も結構広くなる。身質はマアジに似た感じだが血合いは少なく色も薄い。

 書籍により、特有の臭みがあると書かれているものが見られるが、今回入手したものは若魚のせいかそういった臭みは感じられなかった。

●イトヒキアジの美味しい食べ方と料理

◆イトヒキアジの刺身

イトヒキアジの刺身/糸引鯵/いとひきあじ

 今回使用したイトヒキアジは全長33cmの若魚だったが、思ったよりは脂が感じられた。味はまあまあといったところで、特に臭みやクセは感じなかったが、旨味も多くはなく味に奥行きは感じられなかった。

◆イトヒキアジの塩焼き

イトヒキアジのかぶと焼き/糸引鯵/いとひきあじ

 頭とカマの部分を梨割せずにそのまま塩焼きにしたもの。この部分の身は塩焼きで美味しいと感じたが、正身は塩焼きだと物足りないかもしれない。

◆イトヒキアジのポワレ

イトヒキアジのポワレ/糸引鯵/いとひきあじ

 三枚におろしたイトヒキアジに塩コショウを振り、ニンニクを効かせながらオリーブ油で両面焼き上げたもの。美味しくいただけました。

◆イトヒキアジのムニエル

イトヒキアジのムニエル/糸引鯵/いとひきあじ

 五枚におろしたイトヒキアジの皮も引き、塩コショウを振って小麦粉をまぶし、バターでこんがりと焼き上げたもの。今回はトマトソースを敷き、バターで焼いたエビを合わせてみた。

 これは足し算の成果でとても美味しくいただけました。

◆イトヒキアジの唐揚げ

イトヒキアジの唐揚げ/糸引鯵/いとひきあじ

 イトヒキアジを一口サイズに切り、塩コショウとガーリックパウダーを振り、小麦粉をまぶして唐揚げにしたもの。

 ビールが進む良いつまみになります。

◆イトヒキアジのフライ

イトヒキアジのフライ/糸引鯵/いとひきあじ

 五枚におろした身に下味をつけてフライにしたもの。

 マアジのフライと白身魚のフライの中間的な味わい。身は程よく繊維感があり、パサつく感じもなく、でもジューシーと言う訳でもないがまあまあといったところ。

◆イトヒキアジの煮付け

イトヒキアジの煮付け/糸引鯵/いとひきあじ

 頭とカマの部分を酒、醤油、みりん、砂糖で煮付けたもの。ごちそう感はないが普段のご飯のおかずとしては十分美味しい。

皆さんで是非このサイトを盛り立ててください。よろしくお願いします。


 
 

UP